top of page

登壇報告!|【セミナー&座談会】理想のセールスマーケティング活動

更新日:2月27日

株式会社JIMOTO Marketing Share Bureau
 

弊社(株式会社JIMOTO Marketing Share Bureau)代表取締役の鶴智之が、2024年2月14日行われた「株式会社コロンバスプロジェクト共催」のセミナー「【セミナー&座談会】中小企業向け・理想のセールスマーケティング活動~あなたの会社に合う組織はどっち?~」に登壇いたしました。セミナーの概要や動画を掲載しておりますので、ご興味ある方は、是非、ご確認くださいませ。

 

▼オンラインセミナーの様子(弊社:鶴の登壇のみ)

「理想のセールスマーケティング活動」~「小さい組織」×「低予算」で実現する組織体制~

▼動画リンク▼

 

|セミナーサマリー


1.理想のセールスマーケティング組織について

理想的な組織像について、概要を説明。

セールスプロセスをリード創出から再利用までの流れの中で、以下が必須。


  • 必要なアセットとそれを動かす人材が重要

  • PDCAサイクルの適切な実施も不可欠


具体的には、デジタル面でのWebサイトやコンテンツ制作といった活動を行い、ヒューマンタッチでのセミナーやメール、コールなどの人間のアプローチも行う。この組織モデルを通じて、2024年1月に3件の受注成果も発生。


2.必要な機能

理想的なセールスマーケティング組織を構築するためには、以下のような役割と機能が必要。

  1. デジタル上の顧客行動を活性化するコンテンツ

  2. デジタル上の顧客動向を監視する仕組み

  3. デジタル上の顧客動向を活性化するアクティベートする活動

  4. リードとの関係を喪失しないための設定

  5. 毎月の受注作成とPDCA

3.デマンドセンターとは

デマンドセンターには、セールスマーケティングの「構築フェーズ」とデマンド「生成フェーズ」がある。構築フェーズでは、競合との差別化ポイントを整理し、戦略を立てる。一方、デマンド生成フェーズでは、顧客のニーズを創出し、彼らの関心を喚起して投資確定に導く。


4.リード創出・育成に必要なこと

ウェブサイトの作成において重要なポイントは、トップメインビジュアルからユーザーの興味を引き付け、マイクロコンバージョンの用意やユーザーの興味を維持する設計が重要。


発信手法にはさまざまなものがあるが、Webサイトの仕組みが構築できた段階での発信が重要。最終的には、リードアクティベーションを行うことが重要。ウェブコンテンツを生成し、それを活用してリードをアクティベートさせることが、デジタル活用における重要なステップ。


5.戦術のPDCAについて

組織のKPIとしては、受注数と提案数が重要であり、これらから逆算して必要面談数やリード数を割り出します。デジタルチームのゴールは、新規のリードを獲得してくることで、リードアクティベーションチームのゴールは、初回面談数。


 

本内容について、ご質問やお問い合わせがありましたら、以下までお問い合わせください。




Comments


bottom of page