books-2596809_1920.jpg

興味関心育成 - JIMOTO Study

興味関心育成 - Sales & Marketing Funnel

「興味関心育成」「ナーチャリング」という言葉は、21世紀になり出てきた言葉です。既に接点のある企業・顧客を育てるという概念です。

多くの営業パーソンは、一回訪問して商談化しなかったリードを「そのまま」にしているケースが少なくありません。

そういったリードをあらゆるコンテンツを駆使して「育てる」という活動のことを指します。マーケティング活動において難易度が高いと言われるタスクの一つです。

2021/05 UP
小規模な組織でマーケティング活動を
最適化するために実施すべきこと

#自社の強み、競合の強み、市場のニーズの整理

#差別化ポイントの把握/マーケティングメッセージ確立

2021/05 UP
小規模な組織でマーケティング活動を
最適化するために実施すべきこと

#自社の強み、競合の強み、市場のニーズの整理

#差別化ポイントの把握/マーケティングメッセージ確立

2021/05 UP
小規模な組織でマーケティング活動を
最適化するために実施すべきこと

#自社の強み、競合の強み、市場のニーズの整理

#差別化ポイントの把握/マーケティングメッセージ確立

​現在 制作中

興味関心育成におけるポイント

BtoB商材であろうともBtoC商材であろうとも、高額商材を購入するときは、必ず商材や業界についての勉強を行います。ご自身の経験に照らし合せて考えてみてください。【その商材は、他社商材と比べて「どんな差」があるのか?】そういった情報を、だれかにプレゼンテーションで状態になったときに、「購入」をします。弊社が良く使う言葉で「購買前の客は太らせろ」と言う言葉があります。たくさんの情報を与え、理解を深めされることで、購買が走るということです。このプロセスにおける重要なポイントは、「多くの情報を提供し」またその情報が「どんな情報をか」が重要ということです。

まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。