top of page

【JIMOTO STUDY】フォームマーケティングは営業しちゃダメ?返信率を10%以上にする方法

 

JIMOTO STUDYは地域の企業に対してマーケティングのノウハウを提供する学習コンテンツです。2024年3月時点の記事です。(音声のみ)




以下は、動画で話されていることをまとめたものです。

 

フォームマーケティングは営業しちゃダメ?返信率を10%以上にする方法


| フォームマーケティングの返信率を10%以上にする方法徹底解説

フォームマーケティングは、適切な戦略と工夫を施すことで、リード獲得に大きな効果を発揮します。しかし、多くの企業がそのポテンシャルを生かしきれておらず、チャンスを逃しています。本稿では、返信率を大幅に改善するための具体的な戦略とテクニックを解説します。


| フォームマーケティングの落とし穴

フォームマーケティングの初心者が陥りがちなのは、一方的な営業メールの送信です。受け手にとって価値のない情報を配信することは、単なる迷惑メールと同じ。これでは、高い返信率は期待できません。成功の鍵は、受け手が実際に求めている情報や解決策を提供することにあります。


|【1】必ず実施すべきターゲッティングとコンテンツ生成

ターゲッティングの精度を上げることは、フォームマーケティング成功の前提条件です。業界、企業規模、職種など、明確なターゲットを設定し、そのニーズに合わせたコンテンツを作成する必要があります。ターゲットに合わせてカスタマイズされたコンテンツは、関心を引き、返信率を高めます。


|【2】必ず実施すべき情報提供

情報提供は、フォームマーケティングにおける重要な柱の一つです。自社の製品やサービスを紹介するだけでなく、業界の最新情報、解決策、ノウハウなど、受け手が実際に価値を感じる情報を提供することが重要です。こうした情報提供は、信頼関係の構築にも寄与し、長期的な関係性の基盤となります。


|【3】必ず実施すべきURLクリック

コンテンツへのURLクリックを促すことは、受け手の関心度を測る上で非常に有効です。興味のあるコンテンツへのリンクをメールに含めることで、受け手は自然と情報を求めて行動します。これにより、関心の高いリードを識別し、効率的なフォローアップが可能になります。


|フォームマーケティング成功の鍵

本動画で紹介した戦略を弊社で実践したところ、フォームマーケティングの返信率は10%以上に向上しました。特に、ターゲットに合わせたコンテンツの提供と、情報提供の質の向上が効果的であることが証明されました。また、URLクリックを促すことで得られるデータ分析を基に、さらなる最適化を行うことができます。


実践のための具体的なステップ

1. ターゲットの特定:

 市場調査や既存の顧客データを基に、フォームマーケティングのターゲットを精密に特定します。

2. コンテンツの企画と作成:

 ターゲットのニーズや関心に合わせた、魅力的なコンテンツを企画・作成します。ここでは、教育的な情報や業界のトレンド、ユニークな視点を提供することが重要です。

3. 効果的な情報提供:

  メールやランディングページを通じて、提供する情報の価値を最大化します。受け手が自発的に関心を持つような内容を心がけましょう。

4. URLクリックの促進:

 コンテンツへのリンクを巧みに配置し、受け手の興味や好奇心を引き出します。クリック率の分析を通じて、コンテンツの改善ポイントを見つけ出しましょう。

5. URLクリック社へユニークテキスト:

 反応した企業に対しては、1社1社ユニークテキストを作成し、配信します。



 

本内容について、ご質問やお問い合わせがありましたら、以下までお問い合わせください。




Comments


bottom of page