地域の企業もIT導入補助金を活用してオンラインセールスの基盤を整えよう

みなさん、IT導入補助金の存在をご存知ですか?

概要は以下URLよりご確認いただきたいのですが、簡単に言うと、企業のIT促進を目指して国から助成を受けられる仕組みです。


特別枠(C類型)の一部の補助率が拡充しているため、今回記事にいたしました。


野田市、柏市、流山市の企業ももちろんご活用いただけます。


▶︎リンク:https://www.it-hojo.jp/

 

今回ご案内したいのは、具体的にIT補助金を得るためには、どんなツールやITインフラの導入を考えるべきかをセールスマーケティングの観点から説明いたします。


1.マーケティングオートメーション

一番おすすめしたいのは、マーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションという言葉だけを見ると、「マーケティングを自動化してくれるツール?」という風に思えてしまいます。

一概には間違っているとは言えませんが、この理解では、ツールに対する期待値が高くなりすぎてしまい、ツール導入後も活用までいたりません。


マーケティングオートメーションとは、「Web上の顧客動向を監視する」というツールです。


もう少し分かりやすく言うと、ユーザーがどのページを見ているかがわかるというツールです。


それによって得られる営業メリットは底知れません。


例えば、見込み顧客が、「事例ページを見た後、料金ページを見た」場合、営業であれば、電話をしたりメールをしたりしますよね?


こういった動きが見えることで、「特定の行動をしたユーザーがいた場合にアラートメールを営業宛に送信設定」したり、「特定の行動をしたユーザーがいた場合に自動で顧客宛にメール配信」ができます。


オンラインでの顧客設定トレンドが益々強まる中で、マーケティングオートメーションは貴社のセールス成果を最大化するために非常に重要なツールです。


マーケティングオートメーションでできることは、それ以外にもございます。

CRM機能、シナリオメール設定、簡易web制作、フォーム作成など、ブランド・メーカーによって多種多様です。


自社のバジェットと実施したいことに合わせて選定をすれば、営業マン2人分ぐらいは活躍してくれるツールです。


料金としては、月額10万円のツールから月額3万円のツールもございます。


**当社支援**

マーケティングオートメーション選定支援

マーケティングオートメーション設定支援

マーケティングオートメーション成果最大化にむけたweb改修ならびに選定と設定


▼お問い合わせ・無料相談▼

marketing@jimoto-marketing-sb.com

マーケティング担当宛


2.SFA(営業商談管理システム)

そもそもSFAとは何か?というと、営業の商談管理ツールです。

営業パーソンが営業に行って、「何もしないまま放置」になっているお客さんはいませんか?


ご存知の通り、既に保有している顧客情報の中からの受注の方が、新規より圧倒的に受注までのリードタイムが早いと言われています。


つまり、「何もしないまま放置になっている顧客情報」こそ、営業の効率化に繋がる一歩になります。


また、営業パーソンがどのフェーズで失注に至っているのか、の可視化にも繋がるため、営業活動の精緻化と営業パーソンのスキルアップにもつなげることができます。


実は、SFAのツールの中には、上記に記載したマーケティングオートメーション機能の一部がついているツールも有ります。


実は、中小企業の営業変革の初期段階で、私がおすすめしているのは、マーケティングオートメーション機能付きのSFAです。


マーケティングを始めたことがない方や、マーケターがいない企業の初期活動としては、SFAをおすすめいたします。


**当社支援**

SFA選定支援

SFA設定支援

SFA成果最大化にむけたweb改修ならびに営業スキームの在り方設計



▼お問い合わせ・無料相談▼

marketing@jimoto-marketing-sb.com

マーケティング担当宛


 

以上、IT導入補助金を活用して取り入れるべきセールスマーケティング関連ツールの説明でした。

ご不明点があれば、お問い合わせください。





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示